在宅介護をする際には、食事やおむつなどの消耗品を中心として、介護をする家族には多くの費用負担をが強いられることになります。そのため、在宅介護の費用を捻出することが大変だという人も少なくないのですが、そのような人たちに紹介されている支援の一つとして挙げられているのが在宅介護費用証明書と呼ばれるものです。在宅介護費用証明書とは、在宅介護をする際に利用した医療サービスや介護サービスについて医療費控除を受けることができる証明書のことを言います。在宅介護費用証明書を交付してもらえば、医療サービスや介護サービスの利用でかかった費用を医療費控除の対象にすることが可能です。

在宅介護費用証明書の対象となるのは、訪問看護や訪問介護サービスなどの訪問サービス系が挙げられています。これらのサービスは在宅介護をする上で欠かせないサービスですし、医師との連携のもとにサービスを利用している場合は介護サービスとしての側面だけではなく医療サービスとしての側面を持っていることも少なくありません。ほかにも、ショートステイやデイサービスなどの通所系の介護サービスの場合でも、在宅介護が前提であれば証明書の対象となることも多いです。在宅介護費用証明書以外にも在宅介護の費用を支援してくれる制度としては、おむつ使用証明書があります。おむつは在宅介護をする際に大きな費用負担となるケースが多いため、この証明書を利用することで医療費控除を受けられる可能性があると言います。