現在、介護士として働いている人の中には、ケアマネージャーを目指す人もいるでしょう。ケアマネージャーは、介護現場や地域包括支援センターにおいてケアプランの作成を専門に行う職員として配置されています。ケアマネージャーになるには、介護現場での業務経験を積んだり、生活相談員として相談業務を担当したりと様々なルートがありますが、経験を活かして仕事に取り組むことができます。ケアマネージャーは、直接介護サービスの利用者の介護に携わる機会は少ないものの、ケアプランの作成を通じて、利用者だけでなく家族や行政の担当者など様々な立場の人と接する機会があります。また、ケアプランの完成までの間に感謝される場面も多いため、介護業界においてやりがいを感じながら働きたい人にとって、魅力的な職種として捉えられるようになっています。

ケアマネージャーとして専門性を発揮して仕事に取り組むには、広範囲にわたる介護の知識が必要とされます。そのため、順調にスキルアップを図るには、日頃から勤め先で研修を受けたり、自発的にセミナーに参加したりすることが重要となります。介護事業所によっては、勤続年数が長いケアマネジャーに対して特別な手当を支給しているところや、資格を取得したばかりの新人にマンツーマンの教育を行っているところもあり、待遇の面でもやりがいを感じやすくなっています。ケアマネージャーの求人を探す際は、待遇面に加えて事業所が求める役割もしっかり把握すると良いでしょう。